司法書士と弁護士は何が違うの?

大変だったけどやって良かった

行ってよかった!福山市 矯正歯科←←どうぞ。

 

今を去ること30数年前のこと。当時小4だった私にはなんと上の前歯が1本しかありませんでした。ずっと残りの1本が生えてこず、心配した両親にあちこちの歯医者につれて行かれました。レントゲンを撮ると私の片方の前歯は、上唇の方(下のほうではなく顔の正面に向かって)に90度向きを変えて生えようとしていたのです。
私が参考にしたサイト⇒福山 矯正歯科見てみよう!
更に45度の「ひねり」が加わっており、もはや左右上下も分からない状態で歯茎の中で待機していたのです。乱暴な歯医者に歯茎をいきなり切開されたこともありました。それでも我が前歯は微動だにしないまま。そして当然私は極度の歯医者嫌いになり、「私は一生一本前歯で生きていこう」と決心してそれ以降、頑なに歯医者に行くことを拒否しつづけました。
ここで矯正歯科 福山でしょ!
そして小4になったある日、満員バスの中で、なぜか遠くから友達とふざけてる私を見つめるおばあちゃん。だんだん近づいていくと私に向かってニヤッと笑ったその口には!前歯が1本しかなかった!
その時私は「あ!歯がない!私とおんなじだ。でもちょっと不気味。あ!それじゃ私も不気味なの?」と気づいたのです。そして「これはもしかして神様があなたの歯がない顔は不気味なんだよと教えてくれたのか?」と思い、ようやく矯正に通う決心がついたのでした。
詳しくは、裏側矯正 福山ここしかない!
運よく、とても優しく丁寧な先生とめぐり合うことができ、先生も開業初の超難度の矯正にチャレンジしてくれました。当時は歯列矯正はとてもめずらしく、同級生からは「銀歯オンナ」とからかわれ、テンションをかけるワイヤーを特殊な形に曲げながらの矯正だったので口の中は切れまくりで、かなり辛い3年間でしたが、今ではあの時頑張って本当に良かったと思っています。
気になったら見えない矯正 福山このサイトを参考に。
最近は矯正自体が全然珍しくなく、さらに器具も歯の裏側だったり、透明だったりと本当にうらやましい環境になりました。矯正は時間もお金もかかりますが、きっとやって良かった!と心から思える日が来るはずです。